男性不妊 高齢出産 不妊治療 晩婚化・晩産化

ED(勃起障害)に対してバイアグラ以外の治療法はあるの?

投稿日:2018年11月10日 更新日:

バイアグラで死亡したというニュースがあるけど・・・

▼バイアグラのニュース▼

※動画再生時、音が出ます※

 

ED(勃起障害)で悩んでいる方にとっては、何かしら改善策が欲しいところです。ですから、バイアグラも考えなくてはいけないところです。ですが、上記の動画でも紹介した様にバイアグラを飲んだ副作用で体に異変が起きたらどうしよう!なんて考えも出てきそうなところです。

 

バイアグラというと、少し前に、お笑い芸人の江頭2:50がバイアグラの一気飲みをしたことで、死にかけたというニュースが有名です。もしかしたら、この記事を見ている方の中にも、その時のニュースを覚えている方もいるのではないかと思います。こんなニュースを聞くと自分も死ぬのではと考えてもしまいます。

 

ただ、これらはあくまでも私たちが持っているバイアグラのイメージです。実際にバイアグラがどの様な薬剤なのか詳しく知っている方は、殆どいないとの事です。この記事では、そんな不安を考えている方に、ED(勃起障害)の改善方法はないのか解説していこうと思います(^^)/

 

ED治療薬は、医師の指示に従って使えば安全な薬です!

 

EDとは、勃起障害(Eretile Dysfunction)の事です。EDは40代から増え始め、日本では中等度ED(たまに勃起が可能で性交の間、勃起が持続する)や、完全ED(勃起せず、成功が不可能)の人が1130万人に上るという調査もあります。EDがあれば当然、不妊の原因になります。ED治療薬として現在では、バイアグラ、レビトラ、シアリスが使用されます。

 

これらのED治療薬は有効性も安全性も科学的に確認されており、現在も世界各国で用いられています。ただ一部に医師の処方によらない間違った使用例があり(上記の動画の様な使用方法など)、高齢の方の死亡例も出ました。その為、ご相談の様にED治療薬を使うのが不安という方も少なくありません。

 

けれども、ED治療薬は作用の強い興奮剤や精力剤という訳ではなく、元々血管を広げて血流を良くする薬です。医師の指示を守れば安全に使う事ができますから、一度、医師に相談されてはいかがでしょうか?

 

射精直前まで刺激して挿入する事もケースもある!

 

ちなみに膣内射精障害については、ご自身やパートナーが射精直前まで刺激して挿入する事をアドバイスする事もあります。精神的な問題からのEDが考えられる時は、EDに詳しい精神科医を紹介する事もあります。繰り返し述べている様に、不妊治療で大切なのは、性交渉を多く持つ事です。

 

女性側や男性の精子の大きな不妊原因がない場合、性交渉が週1回未満の人が半年以内に妊娠する確率は17%ですが、週4回いじょうになると、妊娠率は83%に上昇します。交渉回数が増える程、妊娠しやすくなるのです。ED治療薬を使う事で性生活をより充実させる事ができれば、不妊治療にも効果が期待できるのは間違いありません。

 

また、最近になって、EDは生活習慣病とも深いかかわりがある事が分かってきています。高血圧や糖尿病、脂質異常症などにより動脈硬化が進むと、細い血管である陰茎動脈が障害され、EDが起こるからです。EDやその傾向がある方がそのまま生活習慣を続けていると、将来、心筋梗塞や脳卒中といった重篤な血管障害のリスクが高まると言われています。

 

ED治療薬には、こうした血管障害を予防する働きもありますから、EDがある方は、積極的に治療薬を活用して欲しいと思います。因みに、ED治療薬が薬局やドラッグストアでは購入できません。購入するのであれば、結局は医師に相談する事になるので、興味があれば、医師に尋ねてみると良いでしょう。

 

ED治療薬の使用量などは、以下の様にその人個人によって処方が違うという事です。

 

ED治療薬は作用時間や効果を見ながら調整!

 

3種類のED治療薬の効果と使用方法、注意点について解説しておきます。バイアグラやレビトラは即効性があるので、性交渉の約1時間前に服用します。シアリスは36時間の作用持続があるので、いつ飲んでも構いません。有効率はそれぞれ凡そ80%ですが、効果や副作用には個人差があるので、それによって合う薬剤を選んで下さい。

 

副作用として顔がほてる事がありますが、軽度の場合は、使用を継続して構いません。動悸が強い場合は、別の薬に替えてみる事もあります。薬の使用は1日1回で、次の服用までは24時間以上あけます。また、パートナーの女性にも治療薬を使用している事を伝えて下さい。治療薬は実費になります。

 

なお、ニトログリセリン、亜硝酸アルミ、硝酸イソビニストなどの心臓の薬を使用している人、重度の肝機能障害のある方、低血圧(90/50㎜Hg超)の方、脳梗塞・脳出血、心筋梗塞などの既往のある方、網膜色素変性症の方は、ED治療薬を使用できません。また、その他の心臓の薬や降圧剤を使用している方は循環器の医師に相談をして下さい(^^)/

 

 

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

子育てママ M・T

現在、2児の男の子のママをしているM・Tと申します。私自身、高齢出産で不妊治療に取り組みました。少しでも多くの悩みに役立てれるように頑張って記事更新していくので、よろしくお願いします(^^)/

-男性不妊, 高齢出産, 不妊治療, 晩婚化・晩産化
-, ,

Copyright© 妊娠力がアップする簡単なコツ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.