妊娠・出産 高齢出産 不妊治療 晩婚化・晩産化

排卵日に性交渉(セックス)で妊娠確率高くなる?低くなる?

投稿日:

排卵日を狙って性交渉(セックス)しても妊娠しない?

 

近年は、晩婚化の影響で30代後半で妊活を始める夫婦も多くなっています。そろそろ子供が欲しいと思い、毎朝、一生懸命に基礎体温表を付けて排卵日を狙って性交渉(セックス)しているという夫婦もりうのではないでしょうか??ですが、そこで順調に妊娠できる夫婦もいる反面、なかなか妊娠できないという夫婦がいるのです・・・

 

自分の巣ごとの須郷を考えたり、夫にもその周期に合わせてもらって頑張っているのですが、毎月、生理が来るたびに「またダメだった・・・(ノД`)・゜・。」と落ち込んでいる夫婦が多いと聞きます。

 

何で、排卵日に性交渉(セックス)しているのに妊娠しないのか気にもなるところだと思います。この記事は、そんな夫婦にこそ参考にしてもらえればと思い、まとめました。今まで妊活スタイルの見直しにもなるかもしれません。以下はぜひ、覚えておいてください(^^)/

 

排卵日を狙った性交渉(セックス)に対する大きな誤解!

 

排卵日に性交渉を持てば、妊娠しやすいという紛れもない事実です。その為、基礎体温表を毎朝、必ずつけて排卵日がくると、夫に「今日はお酒を飲まずに早く帰ってね♡」と言い渡し、妻は栄養豊富な夕飯を用意して、その夜に備える!そうした”排卵日に全力をかける”夫婦も珍しくないと聞きます。

 

また性交渉(セックス)の回数を増やすと「精液が薄くなって妊娠しにくくなるのでは?」と考え、排卵日以外は禁欲生活を送っているケースもよくあるケースです。しかしそれは残念な事に、大きな間違いです。排卵日を狙って、その日だけ性交渉を持つ露というのは、逆に妊娠しにくい方法です。

 

では、そうなると疑問なのは、どうやって性交渉(セックス)で妊娠率を上げればよいの?という事になるはずです。以下の内容こそこの記事の本題です(^^)/

 

性交渉(セックス)の回数は多いほど妊娠の確率は高い!

 

はっきり言っておくと、妊娠率を上げる手っ取り早い方法は性交渉(セックス)の回数を増やす事です。つまりですが、極論言うと、最も妊娠率が高くなる方法は”毎日、性交渉(セックス)をする事!”です。

 

例えばですが、毎日、性交渉(セックス)だけを楽しんでいる若いカップルがいるとします。そんなカップルに限ってできちゃった婚をするなんて話はよく耳にするところです。逆に排卵日をしっかりと確認して狙い撃ちするように性交渉(セックス)する夫婦が妊娠できないのは、こんなところにも原因があるかもしれません。

 

性交渉(セックス)の回数が増えると、確かに精子の濃度はやや薄くなりますが、古くなった精子が沢山あっても妊娠率は上りません。濃度は低くても、受精する力のある新鮮な精子がある事の方が、ずっと大切なのです。

 

現実的に無理だとはしても、妊娠を望むのであれば、1日おきくらいで性交渉(セックス)を持たれる事をおすすめします。意外とこの事実を知らない夫婦が多いのにも驚きです。特に日本人の夫婦にありがちな傾向だという事ですから、該当する方は意識しているみ良いでしょう(^^)/

 

日本人の性交渉(セックス)の頻度は世界的にも少ない!

 

夫婦の性生活の問題は、なかなかオープンな話題にしづらいですし、他の夫婦との比較も難しいことが多いと思います。けれども、最近の日本人の性交渉の頻度は、世界的に見ても珍しいくらい少なくなっています。

 

上記のグラフを見てもらえれば分かりますが、「世界各国のセックス頻度と性生活への満足度」を調べた調査によると、欧米の主要国では性交渉の頻度は年間100~120回くらいにおさまっています。これはだいたい3~4日に1回くらいのぺーすです。それに対して日本人は、平均して年間44~45回です。凡そ週1回弱、月に3~4回くらいと、欧米の平均的な国の半分にも及びません。

 

夫婦の性交渉(セックス)が週1回というのは、日本では「それくらいが普通では?」と思う方も多いようですが、少なくとも妊娠を望む夫婦間では、それでは少なすぎます。

 

また、同調査では、セックス間について各国の回答をまとめたデータもあります。それによると、「性生活に幸せを感じている」人の割合も日本は世界最低クラスです。他国に比べ、日本人はセックスに変なこだわりが多く、パート何もしたい事を言えず、性に関する変わった趣向を試す意欲もないのです。

 

その結果、単調なセックスを高揚感を得られていない為、もっと多くセックスをしたいとも思わないのです。そんな状況がうかがえて仕方ないのが日本の夫婦の現状です・・・

 

こうした現代の日本人の”セックス離れ”は不妊治療を行う医師としては目を覆いたくなる惨状だと言います。妊娠とは本来、男女が幸せな性生活を持ったその先にあるものです。「排卵日だから」と限られた日に義務感で交渉を持つのではなく、もっと積極的に性生活を楽しんでみてはと思います(^^)/

 

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

子育てママ M・T

現在、2児の男の子のママをしているM・Tと申します。私自身、高齢出産で不妊治療に取り組みました。少しでも多くの悩みに役立てれるように頑張って記事更新していくので、よろしくお願いします(^^)/

-妊娠・出産, 高齢出産, 不妊治療, 晩婚化・晩産化
-, ,

Copyright© 妊娠力がアップする簡単なコツ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.