妊娠・出産 高齢出産 不妊治療 晩婚化・晩産化

不妊症の検査を受けても原因不明!今後の不妊治療の方法は?

投稿日:2018年10月29日 更新日:

不妊症の検査を受けても原因不明と診断されました!

 

不妊症に悩む夫婦は年々増加傾向にあります。そうなると、妊娠するためには、不妊症の原因が何であるか検査する必要が出ててきます。そこで、不妊症の原因が分かり適切な治療を受けて子供を授かった夫婦もいれば、残念ながら諦めてしまう夫婦もいる事でしょう・・・

 

ですが、不妊症の検査を受けても必ずしも原因が分かる訳ではないのです。王道の検査から、最新の検査まで、さまざまな不妊症の下人を調べたにも関わらず、不妊症の原因が見つかりませんでした!という夫婦がいるのも事実です。こうなると、どの様に不妊治療に取り組めばよいのか本人たちも困惑するはずです。

 

ですからこそ、万が一、そのようなケースに直面しても適切な対処がしてもらえるようにと、この記事をまとめました。先ずは、以下の内容から確認してください(^^)/

 

不妊症が原因不明というのは全体の11%にも上る現実!

 

先ずは、不妊症の原因が不明というケースはそれくらいの割合であるか確かめてもらえればと思います。上記のグラフは不妊症に悩む夫婦が原因を調べた結果の内容です。従来は不妊症というと女性に原因があると考えられていましたが、現在では十分可能性があるという事が証明されています。

 

ですが、不思議なのは不妊症の検査を受けた夫婦の実に11%が原因不明という事のなのです。つまりですが、不妊症の検査を受けた夫婦の10組に1組は不妊症の原因が分からないままという事です。

 

不妊症に悩む夫婦は相当数の数いますので、たかが11%と言っても何万組もいるという計算になります。そしてその夫婦が継ぐにどの様な対応を摂るべきなのかを以下にまとめておきました。

 

不妊症の原因が不明でも治療に踏み切る方が殆ど!

 

不妊症の原因には、排卵障害、卵管障害、精子障害などの問題がありケースが多いです。不妊症の原因がはっきり分からないと、まず何から取り掛かればよいのかは医学知識の私たち一般人は悩むところです。ですが、そのように悩んでいるうちにも刻々と時間が過ぎますから、不妊症のリスクは高くなっているという事です。

 

原因不明と診断された場合ですが、本来は腹腔鏡を使用して、本当に卵管が正常かどうかをはっきりさせる必要があるでしょう。一番多い女性の不妊原因は卵管原因のですが、腹腔鏡で直接観察しないと、卵管が正常化どうか分かりません。子宮の卵管造影検査は簡単で良心的な費用の検査なのですが、癒着があるかどうかは影絵でははっきり判断できないものです。

 

しかし、体外受精が容易に受けられる現在では、異常があるかどうかは分からない状況で腹腔鏡を行うケースが少なくなってきています。従って、原因がはっきりしないままで治療を受ける方も少なくありません。

 

不妊症の原因が不明な時は排卵誘発剤や人工授精から!

 

では不妊症の原因が不明の場合に、どの様な治療方法があるのかという事ですが、基本的に治療方法として①排卵誘発剤、②排卵誘発剤+人工授精(AIH)が勧められていいます。

 

原因不明の不妊の妊娠率は、クロミフェンの投与で2~3倍の約9%になり、HMG注射では10~15%を期待できるとされています。これを3~5回受けても妊娠しない場合には人口受精を併用します。尚、原因不明の不妊には、「自然周期+人工授精では妊娠率が向上しない」という報告もあります。

 

「排卵誘発剤+人工授精」では、先ずクロミフェンAIHが行われます。また、HMG注射とAIHは、クロミフェン周期よりも妊娠率が2~4倍高いとの報告もあり、非常に効果的な治療方法です。

 

一方、多胎(20%)やOHSS(卵巣過剰刺激症候群)が起こる可能性も高くなるので、HMG注射+AIHを選択する場合、この様な副作用が起こる可能性についてもよく理解しておく必要があります。排卵誘発剤とAIHは5~6回までが目安となり、その次は体外受精などのARTを考えていく事になります。

 

不妊症の原因が不明な時も生活習慣の改善は大切!

 

意外とありがちな事ですが、「不妊治療中だけど原因がよく分からないんだよね・・・」という方がいます。私が見ていると、そんな方に限って生活習慣は見直さないのかな?と思えてくる点があります。不妊治療と言っても、あくまでも行うのは自分たち夫婦であり、医者が行うのではないのです。

 

ですから、不妊治療を病院側だけに依存するのではなく、自分らでもできる事は積極的に改善していくべきです。例えば、飲酒や喫煙、食事に偏りや睡眠不足などの体質改善に妨げる要素はすぐにでも改めるべきだと思います。妊娠率が1%でも上がるのであれば、直ぐにでも取り組むべきかと思います。

 

そして、その上で不妊治療に取り組むことが妊娠率を上げる最善策ではと思います。因みにですが、不妊症の専門医が提唱する生活改善のポイントは以下の記事にまとめてあります。何気ない生活習慣ですが、大切な内容なので、ぜひ併せて読んでもらえればと思います。

 

⇒ 不妊症に改善の為に見直したい生活習慣の7つのポイント!

 

不妊症に限ったことでもないのですが、やはり健康は大切ってことですね(・∀・)n

 

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

子育てママ M・T

現在、2児の男の子のママをしているM・Tと申します。私自身、高齢出産で不妊治療に取り組みました。少しでも多くの悩みに役立てれるように頑張って記事更新していくので、よろしくお願いします(^^)/

-妊娠・出産, 高齢出産, 不妊治療, 晩婚化・晩産化
-, ,

Copyright© 妊娠力がアップする簡単なコツ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.