妊娠・出産 高齢出産 不妊治療 晩婚化・晩産化

高齢出産のリスクって?ダウン症・流産の危険性はあるの?

投稿日:

高齢出産のリスクって何があるの?すごく不安・・・

高齢出産というと、一般的には35歳以上の夫婦を指します。そして、その高齢出産の夫婦が不安に思うのは”出産のリスク”ではないかと思うのです。何でも、高齢出産には、色々なリスクが付きまとうと言われています。最近では妊娠中に超音波検査などでかなり詳しく分かるようになったとはいえ、不安に思うのも当然です・・・

 

以下に記載するのは高齢出産に伴うリスクの一例です。決して高齢出産だからなるのではないので、悲観的にはならないでもらいたいなと私は思います(´・ω・`)

 

染色体異常によるダウン症のリスク

染色体異常による生まれるのがダウン症と言われています。ダウン症というのは妊娠中の検査でも分かるようになっていますが、それでもリスクという事には違いはありません。染色体異常は母親と父親の、卵子や精子の老化が原因のひとつです女性が一生のうちに作り出せる卵子の数には限りがあると言われています。

 

そして年齢を重ねるごとに数が低下し、卵子の老化がはじまります。卵子の老化は不妊の原因ともなり、時折不妊治療が必要になる理由のひとつです。母親の年齢が高くなるにつ入れて、ダウン症のリスクも高くなると言われています。40歳以上の母親の場合は約1%の割合でダウン症の子供が生まれると言われています。

 

高齢出産によって必ずしも赤ちゃんに染色体異常が生じるわけではありませんが、こうしたリスクを伴うことを、妊娠前に知っておくことが大切です。

 

流産する可能性も高くなるというリスク

高齢出産では、流産になる可能性も高まります。切迫早産や切迫難産になり、帝王切開をよぎなくされる場合もあります。これも前述と同様に胎児の染色体異常が原因で起こり、20代と比べるとおよそ2倍も確率が上がることが分かっています。ですから、妊娠中から、流産しない様に注意がより必要になります。

 

産婦人科を受診する際も、高齢出産の実績が多いところを選ぶのも良いいでしょう。緊急時に備えるのも大切になるという事です。

 

妊娠中にかかる疾病のリスクも高くなる

妊娠は母体に大きな影響を及ぼし、なかには妊娠中特有の疾病を起こしてしまうケースもあります。妊娠中特有の病気としては「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)」や「妊娠糖尿病」などがあげられます。中でも高齢出産の場合に注意しなければいけないのが「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)」です。

 

妊娠高血圧症候群の症状としては血圧が高くなるだけではなく、それに伴う体調不良や、場合によっては帝王切開に繋がることもあります。通常、妊婦全体のおよそ10%が発症するとされていますが、35歳以上では14%~18%と発生率が高くなる傾向にあります。これも、加齢によって卵巣の機能が低下し血管も老化していくためです。

 

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

子育てママ M・T

現在、2児の男の子のママをしているM・Tと申します。私自身、高齢出産で不妊治療に取り組みました。少しでも多くの悩みに役立てれるように頑張って記事更新していくので、よろしくお願いします(^^)/

-妊娠・出産, 高齢出産, 不妊治療, 晩婚化・晩産化
-

Copyright© 妊娠力がアップする簡単なコツ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.