妊娠・出産 高齢出産

高齢出産は更年期がリミット?月経周期の乱れ、閉経の不安?

投稿日:

高齢出産も更年期がきたら終わり?リミット?

 

初潮がいつ始まるのか?小学校の保険体育の時間に女子だけで別室でビデオを見ながら月経や妊娠に関する事を勉強したという覚えのある方も多くいる事でしょう。生理用ナプキンの使い方などしえてもらったり、帰りに試供品をもらったりすると、そこで初めて「なんだ、この小さいオムツみたいなのは?」と衝撃を受けた方も、中にいると思います・・・

 

第二次性徴が始まると、女性は月経がはじまり、男性は精通が始まります。この性徴は、妊娠する準備が始まり、男性、女性とそれぞれの性に成熟していく期間です。体つきも変わり、性を象徴するような変化も現れます。男性でいえば、声変りやのどぼとけが出てくるなどで、女性では胸が大きくなる、体つきが丸くなるなどです。

 

ですが、日本の教育で女性の更年期や閉経に関する教育というのはあまり聞いたことがありません。これでは教育として片手落ちと言えるでしょう。現在は晩婚化の影響もあり、高齢出産の場合は更年期について、そして、閉経の時期についても正しい知識が必要になってきています。

 

更年期は、どうして起こる?閉経は近いの?

女性は、命に関して大きく二度の転換期を迎えます。生まれてから二次性徴までは、自分の身体と成長させていく期間で、これから生きていくための土台作りをします。一度の転換期は二次性徴、成長した体と心を成熟させ、新しい命を育む事ができる期間に入ります。そして、二度目の転換期となる閉経を迎える頃つまり、更年期は、成熟した体と心を使う期間になります。

 

更年期が起こるメカニズムは?

 

先ず、そもそもの更年期とはどの期間を指すかを軽くおさらいしておきます。更年期とは、閉経を挟んだ前後の約10年間を指します。平均閉経年齢が50歳くらいですから、45~55歳くらいが一般的には更年期にあたります。この時期、卵巣機能は衰えを見せ、エストロゲンの分泌が低下していきます。

 

ホルモン分泌に関して指令を出したり、調整したりする大元の視床下部は、エストロゲンが十分に分泌されていない為、下垂体に対して卵巣が働いていない働くようにと命令します。下垂体は、視床下部の命令を卵巣機能を働かせるためにFSHを分泌しますが、機能が低下した卵巣はこれに対し、正常に反応できずにいます。その為、FSHの値は高くなっていきます。

 

これが続き、やがてエストロゲンが急減すると閉経になります。視床下部、下垂体、卵巣と、この連携に問題がなければ月経周期も安定するのが、卵巣機能が低下し、視床下部、下垂体の指示に対して卵巣の反応が鈍くなってくると、いわゆる脳がパニックを起こし自律神経が乱れ、更年期特有の不調が現れるようになる訳です。

 

この不調は、イライラや不安、落ち込みなどに代表される更年期衆生と呼ばれるものです。

 

更年期になると卵胞が育ちにくく、不妊のリスクが・・・

 

卵巣機能の衰えと同時に、卵巣内の卵胞数も関係していきます。卵胞は生まれた時からすでに持ち合わせているものです。その数は増える事はありませんから、使い切ったら終わりになります。だいたい閉経間近の卵巣には1000個程度が残されていると言われています。

 

卵巣機能の衰えもあって成長する事が難しい状態が、更年期になると起こりやすくなります。その為、卵胞も大きくならず、無配ラン月経なる事も珍しくないようです。

 

また、閉経近くになると月経周期が短くなる傾向にあります。FSHが高くなることで、卵巣周期と月経周期にずれが生じるようになるからです。本来なら月経周期のスタートとともに高くなるFSHが、それ以前から高い事で卵胞が育ち、月経周期がスタートした時には、既に成長を始めています。

 

その為、通常より早い時期に卵胞が大きくなり、排卵が起こる事、また十分な黄体ホルモンが分泌されなくなることなどで月経周期が短くなります。以前よりも月経周期が短期間で来るな・・・と感じるようになったら、更年期のサインかもしれません。そして、更に閉経が近づくと、今度は月経周期が長くなります。

 

きたり、こなかったり・・・を繰り返し、やがて本当に月経が来なくなり、閉経を迎えます。この頃の基礎体温は、低温相と高温相の高低差が減り、一層のグラフを描くようになる傾向があります。

 

ホルモン検査では、FSH高値、LH高値、エストロゲン低値という閉経の判断があり、1年間無月経だった場合に確定診断されます。但し、ホルモン変動の経過は誰もが同じわけではなく、個人差があり、同様の経過をたどる人もいれば、一時的にエストロゲンが高くなる方もいます。月経と更年期、閉経について、その関係が理解できたでしょうか。

 

更年期や閉経を知っていただきたい一番の理由は、閉経をしていただきたい一番の理由は、実際に妊娠するための時間は残された時間は少ないという事です。妊娠できる可能性は更年期には極めて低くなるのは統計上からも分かります。その上で、できる事をしっかりとやるべきでしょう。

 

高齢出産は更年期がリミットかどうか?【まとめ】

 

結局のところ、高齢出産のリミットが更年期かという事ですが、これは個人差があるので何とも言えないところです。更年期でも妊娠、出産ができる方もいれば、そうでない方もいるでしょう。私から言えるのは、やはり妊活というのは、始めると決めた瞬間から真剣に取り組むべきだと思うのです。

 

まあいいかという気持ちでいれば、後々後悔する事になるかもしれません。できる事を、最善で行うべきだと思うのです。特に高齢出産であればあるほどです。

 

もし仮にですが、今現在、子供に恵まれず更年期を迎えてしまったという方でも、今この瞬間、自分ができる事にベストを尽くしてもらえればと思います。私はそんな思いを持ちながら、この記事をまとめました。この記事が少しでも多くの方に役立ててもらえれば私もこれ以上ない喜びです(^^)/

 

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

子育てママ M・T

現在、2児の男の子のママをしているM・Tと申します。私自身、高齢出産で不妊治療に取り組みました。少しでも多くの悩みに役立てれるように頑張って記事更新していくので、よろしくお願いします(^^)/

-妊娠・出産, 高齢出産
-,

Copyright© 妊娠力がアップする簡単なコツ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.