妊娠・出産 高齢出産 不妊治療 晩婚化・晩産化

妊娠中はカルシウム不足で虫歯になる?歯磨きで虫歯は治る?

投稿日:

妊娠中にカルシウム不足になるって、本当?

 

日本人の食生活はカルシウムが不足しているという事実は、皆さんも知っての事と思います。そこで、気になるのは妊娠中は胎児の栄養などが必要なためにカルシウム不足になり、虫歯になりやすいという情報がネットで囁かれています。私もそれに関して、信憑性がないなとは思ったのですが、私なりに調べてみたのです。

 

なぜ私が妊娠で虫歯ができるのという話は信憑性がないともうのかというと、そもそも、骨がカルシウムの貯蔵庫として不足分を補っています。骨には大量のカルシウムが蓄えられているので、いきなりカルシウム不足が虫歯になるという事は考えにくいのです。

 

但し、いくら妊娠でいきなり虫歯にならないとは言っても、乱れた生活をしていれば骨の密度が下がってしまうのは間違いないです。

 

妊娠中に虫歯ができる意外な真相とは?

 

では、「妊娠するとカルシウム不足が不足して波が弱くなる」というネット上の情報が出回ったのかについてまとめておきます。確かに、妊娠によって虫歯や歯周病が悪化する方も多いのですが、実際のところの原因はカルシウム不足ではない事が分かってきています。

 

原因の一つは「つわり」です。つわりによって、きちんと歯磨きできない状態が続いたり、間食が増える事で口内環境が悪化します。また、嘔吐してしまうような場合、歯が胃液(強い酸性)に触れ、ダメージを受ける事になります。この様な時はマメに歯磨きを心がけるようにすると良いでしょう。( ⇒ 善玉菌配合のオールインワン歯磨き粉  )

 

そして、もう一つは「唾液の質の変化」です。妊娠によるホルモンバランスの変化によって、唾液の量が減り、粘り気が強くなります。その為、歯の汚れを洗い流す力が減ってしまうのです。また、歯周病菌の中には女性ホルモンを好むものもいる為、女性ホルモンが増えている妊娠中は歯肉炎が起こりやすくなるります。

 

妊娠中の歯周病悪化は、早産のリスクが高くなることも分かっているので、虫歯治療や口内環境改善は、妊娠前からしっかり取り組んでおきましょう。

 

妊娠中のカルシウム摂取基準と平均摂取量の比較(mg/日)

 

  男性 女性 妊婦・授乳婦
推奨量20代 800 650 一般女性と同じ
推奨量30~40代 650 650 一般女性と同じ
平均摂取量20代 2300 2300 一般女性と同じ
平均摂取量30~40代 457 402 一般女性と同程度
耐容上限量 437 441 一般女性と同程度

 

実はですが、妊娠中はカルシウムの吸収率がアップする為、特に高い推奨量が設定している訳ではないのです。しかし、これは、妊娠前の生活で650mg/日という目標が達成されている事を前提の話です。

 

実際には、食事から摂っているカルシウムの量は中学生がピークで、20~40代が最も少ないという状況です。男性も女性も子供の時に体内に蓄えたカルシウムの貯金(骨の中のカルシウム)を消費しながら生活しているようなものです。妊娠・授乳で消費が激しくなります。ですから、妊娠前はしっかりカルシウムを摂る食習慣を作っておくべきでしょう。

 

仕事で忙しいからと言って食事を抜いたり、栄養が偏った食事ばかりを摂っていると、その代償は知らないうちに骨に出てくるかもしれません。

 

カルシウムはどうやって貯める?骨密度強化方法は?

 

カルシウム貯金(骨密度)を減らさない方法として、理想は食事のカルシウム量を今の1.5倍にする事です。しかし、そうは言っても現実にはなかなかそうもいかないという方も多いことでしょう。今は健康ブームの影響もありカルシウム添加食品やサプリメントなども色んな製品が販売されるようになりました。

 

これらを利用する場合、カルシウムの量だけに気を付けるのではなく、他の栄養素とのバランスにも注意してみると良いでしょう。例えば、カルシウムとマグネシウムはお互いの吸収を助ける関係があります。カルシウム:マグネシウムを2:1の割合で摂るのが良いとされています。

 

ですから、サプリメントを利用するなら、マルチミネラルなど複数のミネラルをバランスよく含んだものがおすすめです。多くのサプリメントがこの比率で作られています。また、吸収を助けてくれるビタミンDの量を増やす事も大切です。食事でとる場合、カルシウムとビタミンDをセットで摂れる嬉しい食材が小魚(骨と内臓を含む)です。

 

食べるいりこをおやつにしても良いですし、南蛮漬けなど、酢漬けにする事でカルシウムの吸収率が更にアップします。そして、意外かもしれませんが、骨へのカルシウム貯金を増やす為には、「運動による刺激」も大切です。

 

カルシウムをしっかり摂る事と、それをきちんと効率よく吸収する工夫(マグネシウム・ビタミンD)、貯めるための工夫(運動)の3ステップでカルシウム貯金を減らさない様準備しておくと良いでしょう。因みに、以下のサプリメントは妊婦さんに人気のカルシウムサプリメントです。興味があれば参考にして下さい(^^)/

 

 

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

子育てママ M・T

現在、2児の男の子のママをしているM・Tと申します。私自身、高齢出産で不妊治療に取り組みました。少しでも多くの悩みに役立てれるように頑張って記事更新していくので、よろしくお願いします(^^)/

-妊娠・出産, 高齢出産, 不妊治療, 晩婚化・晩産化
-, ,

Copyright© 妊娠力がアップする簡単なコツ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.