妊娠・出産 高齢出産 不妊治療 晩婚化・晩産化

歯科治療と不妊治療を平行できるの?麻酔や痛み止めはOK?

投稿日:

歯科治療と不妊治療は並行できる?麻酔とか不安・・・

 

近年は晩婚化の影響で不妊治療を行う夫婦も増加傾向になると言われています。ですが、不妊治療はすぐに終わる方もいれば、何年間にも及ぶよなケースもあります。そうすると、その不妊治療の期間に色々な治療を受ける事もありでしょう。例えばですが、その典型的なケースが歯科治療です。

 

私もつい最近、歯科治療をしました。奥歯を抜くにあたり麻酔をかけ、さらに、痛み止めを処方されました。ですから、少なからず体にも負担がかかったのは間違いない事です。私は不妊治療中ではなかったのですが、もしこれが不妊治療ならばどの様な影響が出るのか気になるところです。

 

そこで、以下に歯科治療と不妊治療の並行できるかについてまとめてみました。該当するような歯や歯茎の悩みがある時は、参考にして下さい(^^)/

 

歯科治療を急ぐか?不妊治療を急ぐか?は場合による!

 

不妊治療中の歯科治療ですが、基本的に少量の麻酔を使う、つまり歯茎だけの部分麻酔であれば特に問題はないと言えます。但し問題となるのは、歯茎などの病気で奥歯を抜く時などの大掛かりな治療の時は麻酔の量や、痛み止めの内服薬を服用するので例外はあります。

 

例えばですが、不妊治療で胚移植をしようとしているのに、歯科治療の麻酔や内服薬を同時に使用するというのは適当とはいいがたいです。そのような場合は、胚移植と歯科治療の時期を分ける必要があるでしょう。

 

ただ、どちらを優先したら良いのかを決めるのは本人だという事は覚えておく方が良いでしょう。なぜなら、不妊治療の医師に歯の状態を見極めるのは専門外という事です。どちらが優先するべきは歯科医師と不妊治療の医師に確認を取って、自分なりの段取りを立てるべきです。

 

歯科治療と不妊治療のどちらを優先させるか?例えば・・・

 

歯科治療を優先するか?不妊治療を優先するか?ですが、最終的にはその人本人の医師だという事は伝えましたが、仮にの話をします。ゆくゆくは抜いた方が良いというくらいで、時期はいつでも構わないという親不知の抜糸などでしたら、言うまでもなく不妊治療を優先させるべきでしょう。

 

但しですが、今現在、虫歯や歯周病があるという方は、直ぐにでも歯科治療を始める様が良いでしょう。妊娠が発覚してから歯科治療をするのは先ほども伝えたように大掛かりであれば多少なりともリスクはあります。それに、二重の負担ですから、労力もそれなりにかかります。どうしても治さないといけない場合は、直ぐに治すべきです。

 

また、最悪の場合ですが歯周病や、歯茎で増えた炎症物質が血液に入ると、流産・早産のリスクが高まると言われています。国内の研究でも、歯周病のある妊婦は、そうでない人に比べて早産や切迫早産の確率が5倍も高いというデータもあろうという事です。少し怖い内容ですが、そのようなリスクもある事だけは覚えておいてもらえればと思います(^^)/

 

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

子育てママ M・T

現在、2児の男の子のママをしているM・Tと申します。私自身、高齢出産で不妊治療に取り組みました。少しでも多くの悩みに役立てれるように頑張って記事更新していくので、よろしくお願いします(^^)/

-妊娠・出産, 高齢出産, 不妊治療, 晩婚化・晩産化
-, ,

Copyright© 妊娠力がアップする簡単なコツ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.