子宮・卵巣の病気 妊娠・出産 高齢出産 不妊治療 晩婚化・晩産化

子宮移植の臨床研究の計画がスタート!国内初に向けた一歩!

投稿日:

子供が欲しい!でも、子宮がないという女性に朗報!

 

生まれつき子宮がない「ロキタンスキー症候群」や子宮がんで子宮を摘出した女性は国内で、ロキタンスキー症候群やがんで子宮を摘出した女性は国内に20~30代だけで推計5万~6万人いると言われています。今の世の中、育児放棄や幼児虐待で子供を死なせる親もいるというのに、何とも悲しい現実です。

 

そんな、暗いニュースも目にすると私もやりきれなくなってきます。どうして、子供がどうしても欲しい親に子供が恵まれず、望まない親の元に子供が生まれてしまうのだろうと。本当に理由人な世の中だと思います・・・

 

ですが、そんな暗いニュースばかりがと飛び交うような昨今中に、明るい話題が舞い込んできたので紹介しておきます。それは何かというと「子宮移植」の臨床研究が国内初でスタートしたという事です。あくまで計画の段階ですが、私たちの子供と言われる世代には格段に状況が変わっているかもしれません!

 

子宮移植の内容は以下に記載しておくので、興味があれば参考にして下さい(^^)/

 

子宮移植の臨床研究が国内でスタート!子供が欲しい方に朗報!

 

子宮がない人に第三者の子宮を移植し、妊娠、出産をめざす臨床研究の計画案を、慶応大の木須伊織・特任助教(産婦人科)らのチームがまとめそうです。日本産科婦人科学会(日産婦)に7日提出し、国内初となる子宮移植に向けた一歩となるのは間違いないです。

 

 一方、患者の命を救ったり、生活の質の向上を目指したりする従来の臓器移植医療とは目的が異なり、妊娠、出産のための移植となると、容認するかどうか倫理面が課題となる様です。日産婦は日本移植学会と連携して、安全に行うための条件などについて議論を始めそうです。

 

子宮移植は、欧米などで少なくとも54例行われ、13人の子どもが生まれているそうです。ただ、欧米と日本の決定的な違いはやはり倫理的な問題かもしれません。医療技術以外にも壁があると言えるでしょう。早く日本でも実現してもらいたいところですすし、今後、日産婦や日本移植学会がどの様に働きかけるのかが注目されるところです。

 

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

子育てママ M・T

現在、2児の男の子のママをしているM・Tと申します。私自身、高齢出産で不妊治療に取り組みました。少しでも多くの悩みに役立てれるように頑張って記事更新していくので、よろしくお願いします(^^)/

-子宮・卵巣の病気, 妊娠・出産, 高齢出産, 不妊治療, 晩婚化・晩産化
-, ,

Copyright© 妊娠力がアップする簡単なコツ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.