子宮・卵巣の病気 妊娠・出産 不妊治療

子宮内膜症で不妊治療は無理?手術しないと妊娠できないの?

投稿日:

子宮内膜症でチョコレート嚢腫と診断されたけど・・・

 

現在、20~40代の女性の間で、子宮内膜症と呼ばれる病気が増えています。この病気は子宮内膜に似た組織が内膜以外の場所にもできるもので、病巣の組織は月経周期に合わせて増殖と剥離を繰り返します。しかし、子宮内膜症では月経の様に剥がれた組織が外に出ていく事ができない為。次第に病巣が大きくなり、炎症や周辺組織への癒着を引き起こします。

 

子宮内膜症の内、卵巣内に病巣ができ、卵巣に月経用の血液が溜まりチョコレート状に見えるのが「チョコレート嚢腫」です。また、子宮の筋層に内膜組織が散らばり、子宮が大きく膨らみ、硬くなったものを「子宮腺筋症」と言います。

 

子宮内膜症の主な症状は、月経の時に強い腹痛や腰痛がある、月経の量が多く期間も長い(過多月経)、慢性の下腹部痛や成功痛がある、などですが、殆ど自覚症状がないことも少なくありません。その為に、不妊症の検査で始めて分かる事も多いのです。また、卵巣や卵管に癒着が起こると、不妊の原因になります。不妊症の女性の30~40%に子宮内膜症があるとの報告もあります。

 

子宮内膜症の治療って、どんな方法があるの?

 

子宮内膜症の治療としては、薬物療法と腹腔鏡下手術が考慮されます。しかし、子宮内膜症は治癒する事が難しく、最近では”うまく付き合っていく疾患”と考えられています。従って薬物療法も手術療法も、その後の妊娠の可能性を考えて行う必要があります。子宮内膜症になってしまったから手術をしなくてはいけないという訳ではないという事です。

 

手術では主に腹腔鏡下手術が行われます。これは腹部に開けた小さな穴から器具を入れ、病巣を治療するものです。体への負担が少なく、手術の傷跡も小さくて済むのが特徴で、その為、手術を受けた方が早く確実に不妊が改善する、と考える方もいます。

 

しかし一方で、手術にはリスクもあります。卵管などの癒着が進んでいる場合は、手術後すぐに再癒着してしまい、無理に癒着を剥がそうとすると腸管などを傷つける恐れもあります。また、チョコレート嚢腫の手術では、正常卵巣の一部も切除されるので、卵巣機能が低下し、排卵誘発剤を使って反応が鈍くなってしまうケースもあります。

 

子宮内膜症の症状ごとの不妊治療法とは?

 

子宮内膜症はただ手術をすればよいという訳ではなく、やはりその人の症状と妊娠の確率を考えながら、必要な治療をしていく事が大切になります。子宮内膜症のタイプと、症状ごとの不妊治療は以下の通りになります。

 

チョコレート嚢腫の場合の不妊治療法

チョコレート嚢腫があっても、嚢腫が片方の卵巣だけで、大きさが3~4㎝以下の時は、多くの場合、手術せず、直ぐに不妊治療を進める事になります。不妊治療は排卵誘発剤を使い、人工授精をする例が多くなっています。排卵誘発剤は軽いものだと効果をあまり得られない為、HMG注射を用いる事が推奨されています。

 

一方、チョコレート嚢腫が5㎝を超えたり、増大傾向にある場合には、保存的手段を検討します。保存的手段には開腹手術と腹腔鏡下手術があり、嚢腫を切除する、癒着を剥がす、病巣を電気やレーザーで焼くといった処置を行います。手術をすれば卵巣や卵管の癒着が改善され、術後2年の妊娠率は、軽症例で約60%、進行例で約30%程です。

 

但し、手術後の再発も多く、卵巣機能の低下というデメリットもあります。嚢腫が大きいけれど手術を受けたくないという場合は「アルコール固定」という方法もあります。嚢腫の内容物を除去してアルコールを注入し、病巣の細胞を壊死させる方法です。これは卵巣を切除しない為、卵巣機能の低下は殆どありませんが、再発が高く、あくまでも応急処置的な手段と考えるべきです。

 

体外受精を考えている方にはしばしば用いられる手段です。尚、両側チョコレート嚢腫を手術すると、卵巣機能の低下が著しい事があるので、その後の不妊治療を考えると、両側卵巣手術は、より慎重である必要があります。

 

子宮腺筋症の場合の治療方法

子宮腺筋症は、子宮の筋層に病巣が入り込んで子宮が固くなる為、受精卵が着床しづらくなり、また着床しても流産が多くなります。子宮の筋肉内に散らばった病巣を手術で取り除く事は困難な為、軽症~中等度までは手術せず、人工授精や体外受精などで治療を行います。

 

重症例では手術を行う事もありますが、子宮腺筋症の部分切除を行える医療機関は限られているので、手術を考える場合には、施設の調査・選択をしっかりする必要があります。

 

因みにですが、私が子宮腺筋症の手術ができる病院を探したところ、やはり誰もが知っているような大学病院の名前がいくつかネットの検索で引っかかりました。ですから、子宮腺筋症の手術という時は、始めから大学病院など最新の医療設備や医師が常駐している病院を選ぶのがポイントと言えるでしょう。

 

そこで、しっかりと医師と相談して不妊治療に臨むことをおすすめします(^^)/

 

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

子育てママ M・T

現在、2児の男の子のママをしているM・Tと申します。私自身、高齢出産で不妊治療に取り組みました。少しでも多くの悩みに役立てれるように頑張って記事更新していくので、よろしくお願いします(^^)/

-子宮・卵巣の病気, 妊娠・出産, 不妊治療
-, ,

Copyright© 妊娠力がアップする簡単なコツ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.