ダウン症 発達障害 妊娠・出産 不妊治療

体外受精で胚移植後に飲酒1杯ならOK?夫婦で晩酌できる?

投稿日:

体外受精の胚移植後にも飲酒は控えるべきなの?

 

近年は女性も社会進出を果たした影響かもしれませんが、若い女性でもお酒を飲むという方が増えています。それも今までの様にビールだけでなくワインや日本酒を飲むという方も増えているようです。お酒を飲むことで日頃のストレス緩和にもなりますから、それ自体には問題なないと私自身も思います。

 

ただ、妊娠中の女性が飲酒を行うと、胎児に影響が出て障害児が生まれる確率が高くなると言われています。何とも恐ろしい内容です。そして、更に詳しく調べていくと体外受精の胚移植後でも飲酒は良くのないのか?と疑問を持っている方もいる様でしたので以下にまとめてみました。

 

元々、お酒はなまないという方はスルーしてもらっても構いませんが、もし少しでもお酒を飲むという方は、ぜひとも気を付けてもらいたい内容です(`・ω・´)

 

体外受精の胚移植後でも飲酒は控えるべき!

 

最近は、女性でもワインを始め、お酒を楽しむ方が多くなっているようですが、妊娠を希望して胚移植をしているのであれば、「お酒は口にしない」と考えるべきではと思います。率直に言えば、例えばワイン1杯であれば、実際には妊娠率や胎児にそれほどの影響はないのかもしれません。但し、医学的な面から言えば決して安全とも言えないのです。

 

妊娠中にアルコールを摂取すると、胎児の発育や知能に異常が増えるというデータは数多くあります。但し、こうしたデータはビール3杯など、ある程度の量のアルコールを摂取した時、摂取しない場合とを比較したものです。

 

0杯と1杯とで、違いがあるかを調べたような調査研究はありません。「1杯までなら大丈夫というデータはどこにもない」というのが現実です。その為、「量を少なくして1杯なら大丈夫です」とはならないのです。分からないのであれば、しないというのが最も安全な方法という事です。

 

厚生労働省も妊娠前の飲酒は控える様に指摘!

 

厚生労働省でも、妊娠初期は勿論、妊娠が判明する前の飲酒も、胎児に影響があると指摘しています。着床から妊娠までの時期に大量飲酒をすると胎児性アルコール症候群や流産のリスクが上がるとして、妊娠を計画している段階から、お酒をやめるよう指導しています。

 

夫婦の晩酌が息抜きであり、楽しみという気持ちは分かりますが、特に不妊治療ををしている間は、息抜き以上に大切な事があるという事を意識してもらいたいところです。

 

因みにですが、妊娠前や妊娠中の飲酒がどれ程危険なものかを以下にまとめておきます。なかなか、お酒を断つことができないという方は以下の内容を必ず確認しておいてください。たかが飲酒と侮る事が一生の後悔という事になりかねないとリアルな内容です。

 

胎児性アルコール症候群って、何なの?

 

この記事を見ている皆さんは「胎児性アルコール症候群」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?恐らくですが、一般の方はよく分からないのではないかと思います。現にアルコール中毒みたいなものなの?なんて思う方も少なくないのではないでしょうか・・・

 

そこで、この記事では最後に胎児性アルコール症候群というものがどの様なものなのか触れておきます。以下の内容は「ウィキペディア(Wikipedia)」から抜粋した内容です。

 

【胎児性アルコール症候群について】

胎児性アルコール症候群(たいじせいアルコールしょうこうぐん、英Fetal alcohol syndrome:FAS)とは、妊娠中の母親の習慣的なアルコール摂取によって生じていると考えられている先天性疾患の一つ。神経発達症の一種である。妊婦のアルコール摂取量とその摂取頻度により、生まれてくる子供に軽度から重度に及ぶあらゆる知能障害が顕れることがある。

 

また、妊娠中の母親のアルコール摂取による胎児の障害全体の概念として胎児性アルコール・スペクトラム障害(英Fetal Alcohol Spectrum Disorders:FASD)とも言われる。

 

発生率は1000出生中0.5人だが、アルコール依存症女性の出生児においては3分の1に確認される。米国の学校児童における有病率は20人に1人であり、その社会的コストは55億ドルとされる[2]。米国国立薬物乱用研究所(NIDA)は、妊娠女性の19%(330万人)が飲酒していると推定している。

 

治療法は存在しない。飲酒しなければ100%予防可能である。現在のところ、妊婦が飲酒して安全な量は不明である。

 

この様にウィキペディア(Wikipedia)ですら、飲酒の量と妊娠のリスクについては不明という情報が記載されているのです。ですから、たかが1杯、されど1杯、この1杯を我慢する事が自分の大切な赤ちゃんが守れる事につながるという事を忘れたくはないところです。

 

因みに、上記の胎児性アルコール症候群は妊娠前、妊娠中の飲酒を控える事で100%予防できるという事です。ぜひ、子供を望む皆さんは覚えておいてください(^^)/

 

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

子育てママ M・T

現在、2児の男の子のママをしているM・Tと申します。私自身、高齢出産で不妊治療に取り組みました。少しでも多くの悩みに役立てれるように頑張って記事更新していくので、よろしくお願いします(^^)/

-ダウン症, 発達障害, 妊娠・出産, 不妊治療
-, ,

Copyright© 妊娠力がアップする簡単なコツ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.